歯科先進国であるスウェーデン🇸🇪と日本🇯🇵の予防歯科の違いについて

お知らせ・blogを随時更新しています

BLOG / お知らせ

歯科先進国であるスウェーデン🇸🇪と日本🇯🇵の予防歯科の違いについて

POSTED ON・2020年11月24日 / CATEGORY・BLOG


こんにちは!歯科衛生士の福岡です🎅🎄

今回のテーマは

《歯科先進国であるスウェーデン🇸🇪と日本🇯🇵の予防歯科の違い》です。

皆さんはどんな時に歯科医院を受診されますか?

①歯が痛い😖

②詰め物が取れた😱

③痛くないけど黒くなっている部がある😥

④歯石を取りたい。検診を受けたい。予防したい

様々な理由があると思います。どれか当てはまりましたか?

①と②はきっとすぐにでも受診したいですよね?痛いの嫌だし、、、😭

その時はすぐにお電話ください🦷

ここで重要なのは③と④です!

2つに共通しているのは《予防》です!

③は虫歯の初期であることが主なのでブラッシングで予防できます🌟

④が特に大事です!これで受診して頂くと虫歯も歯周病も予防できます!

この④検診を子どもの頃から継続的に行っているのがスウェーデン🇸🇪

8割くらいの人が検診に来ているそうです!🙆‍♀️

日本は約1割くらいと言われています、、、少ないですよね😂

これは将来の歯の本数に関わってきます

🇸🇪80代で自分の歯が25本!

🇯🇵80代で自分の歯が8~9😭😭

こんなにも差がついてしまうのです😱

皆さんいつまでも自分の歯でいたいですよね🦷

この結果は日本は元々、《歯医者は痛くなってから行く》が多かったからだと思います。痛みを我慢して虫歯が進行したり、正しく歯磨きが出来ていなくて歯周病が進んだりなど、痛くなってからでは出来ることが限られてしまいます😭

この様にならない為に定期的な検診や歯周治療が必要なのです🌟🌟

できてしまった歯石は回数をかけ、しっかり取り除き、歯茎の炎症を和らげる!

虫歯と歯周病の1番の原因である歯垢の正しい磨き方での除去!が大切です😊❤️

歯科衛生士が11人にあったブラッシングの方法をお伝えします🦷

またスウェーデン🇸🇪は歯科への意識が高いため、日々のケアは歯ブラシだけで終わりません実際歯ブラシだけでは歯垢が6割ほどしか落としきれないのです。

そこでスウェーデンの人達は少なくても

歯ブラシフロスマウスウォッシュ(モンダミン、リステリン系)など補助的なオーラルケアグッズを使うことでお口の健康を保っています!

日本🇯🇵とスウェーデン🇸🇪違う点が多かったですね🧐

今現在、日本も予防をメインで考えています。

治療でしか歯科医院に行ってなかった方や、検診でお口の中をきれいにしたいと思っている方、ぜひ一度歯科医院に足を運んでみてください✊🌟今からでも遅くないです!いつまでも健康な歯で美味しくお食事しましょう🍽

IMG_0298.png


PAGETOP
Copyright (C) 2019 RokaPark Dental Clinic All Rights Reserved
24時間ネット予約