BLOG

お知らせ・blogを随時更新しています

カテゴリー: BLOG一覧

フッ素について

POSTED ON・2019年2月13日 / CATEGORY・BLOG

こんにちは。芦花公園駅前歯科、院長の永井です。

今日はフッ素についてお話ししましょう。皆さんは歯医者さんに行った時にフッ素入りの歯磨き粉を勧められた事はありませんか?フッ素がどのようなものなのかわからずに、何となく購入している方も多いはずです。では何故フッ素が歯にいいのかお話ししましょう。

お口の中では糖を摂取すると酸により歯の表面からミネラル分が溶け出します。程度が酷くなると白く濁り、光沢を失います。いわゆる初期虫歯というものです。ただしまだこの時期は治療の必要はありません。

脱灰の状態がしばらく続くと、「初期虫歯→穴があくくらいの虫歯」になってしまいます。
穴があくくらいの虫歯になってしまうと残念ながら治療が必要になってきます。では初期虫歯をどのようにしたら虫歯にならず進行を抑制出来るのでしょうか?
ちなみに脱灰という言葉とセットでよく使われる言葉に再石灰化という言葉があります。再石灰化とは脱灰で溶かされた歯の表面を、唾液に含まれているリンやカルシウムによってエナメル質の結晶を新しく形成し、歯の表面に戻してくれる現象です。

再石灰化がきちんと行われていれば、虫歯が進行することもありません。
それでは、再石灰化に大切なことは何でしょうか。この時に重要になってくるのがフッ素なのです。

フッ素はエナメル質を強くし、細菌の活動を抑え、再石灰化を促進させる働きがあります。なのでフッ素が入った歯磨き粉やうがい薬を使えば虫歯予防に役
立つという仕組みなのです。脱灰、再石灰化の知識が身につけばフッ素の重要性がよりわかっていただけると思います。

皆様ご理解できたでしょうか?疑問点があれば遠慮なく質問してください。
正しい知識を身につけ虫歯予防をして行きましょう。

 

芦花公園駅前歯科

歯科医院で使用するエアーフロー

POSTED ON・2019年2月12日 / CATEGORY・BLOG

こんにちわ。芦花公園駅前歯科、院長の永井です。

皆様歯科医院で使用するエアーフローというものはご存知でしょうか?どのようなものかいうとまずは下記の写真をご覧ください。

写真を見てわかるよう頑固な歯垢や着色・タバコのヤニを特殊なパウダーを混ぜた水・高圧エアーのスプレー洗浄で吹き飛ばし、清掃する器具のことなのです。これはご自身の歯ブラシだけでは残念ながらここまで綺麗には出来ません。

従来の器具ではなかなか落とす事が出来なかった歯の表面のこびりついた強固な汚れを完全に落とし、歯や歯茎にダメージを与えずに除去することができます。
使用後は、歯の表面がツルツルになるため汚れの再付着も防いでくれるといわれております。

当院では予防歯科を推進しているため、このような予防プログラムも積極的に導入しております。
是非一度当院へ来院して頂きエアーフローを体験してみてください。
皆様のご来院心よりお待ちしております。

 

栗林歯科医院へ見学

POSTED ON・2019年2月10日 / CATEGORY・BLOG

こんにちは。芦花公園駅前歯科、院長の永井です。

昨日浦安にあります栗林歯科医院へ見学に行って参りました。
ここの病院の理事長であります栗林研治先生は2018ワールド・クライアント・オブ・ザ・イヤーを受賞した先生です。この賞はどのようなものかというと、組織に属するスタッフのトータル・パーソンとしての成長、プログラムによって影響を受けたスタッフ数、学問分野でのリーダーシップなどが評価されるものです。

世界65カ国からの代表が1団体ずつ選抜され、その中で一位になられた先生です。歯科の分野でこのような賞を受賞する事自体まず稀です。

写真の通りとても綺麗な院内で、歯科医師も多数在籍されており、スタッフさんも20名近くいるような大変規模の大きなクリニックでございます。

色々な先生達、スタッフさんとお話ができ、大変有意義な1日となりました。今後も積極的に他医院の見学を行い良い所を吸収し、3月の開業に向けて頑張っていこうと思いました。お忙しい中見学させて頂きありがとうございました。

 

 

唾液検査

POSTED ON・2019年2月7日 / CATEGORY・BLOG

芦花公園駅前歯科、院長の永井です。

いよいよ開院まで1ヶ月を切り、着々と準備も進んできて参りました。

さて当院では唾液検査というものを行っていく予定です。

毎日しっかりハミガキをしているのに何故むし歯になるのか?この質問をよく患者さんから聞かれます。

歯磨きのやり方や回数だけでなく、飲食の回数やその人自身の唾液の性質、虫歯菌の数などが大きく関与しております。
これらを調べるために唾液検査は非常に有効な手段です。ご自身の唾液の性質や虫歯菌の数など把握した上で、虫歯の成り立ちについての正しい知識を身につければ虫歯は確実に防げます。

このような考えを幼いうちから身につけて行けるように定期的に歯科医院に来て頂き、正しい知識を身につけていきましょう。

歯という組織は一度削ると二度と再生しない組織です。そのためには虫歯にさせないことが何よりも重要です。
自分自身が歯で苦労したから自分の子供には虫歯にさせたくない。そのようなお母様も多いはずです。

是非当院に来て正しい知識を身につけて行きましょう。
皆様のご来院を心からお待ちしております。

院長からのご挨拶

POSTED ON・2019年2月6日 / CATEGORY・BLOG

初めまして。

この度芦花公園で歯科医院を新規開業させて頂きます、院長の永井翔です。

地域の皆様のお口を守る使命感を常に抱きながら、どの世代の方にも安心して通ってもらえるような歯科医院を目指しております。

当院では患者さん一人一人と末長いお付き合いが出来るよう、予防管理システムを用いて治療が終了してもまた定期的に通って頂けるような病院作りを行っていこうと思っております。最新の技術を学びより良い治療をご提供出来るようこちらのブログにても更新して参りますので、お時間のある時に是非チェックして頂けたらと思います。

地域密着型の愛される歯科医院になれますように努力して参りますので、お口の中のお悩み事は当院までご相談くださいませ。

芦花公園駅前歯科 院長 永井翔

開院まであと1ヶ月

POSTED ON・2019年2月3日 / CATEGORY・BLOG

開院まで1ヶ月になりました。

内装も着々とできてきました。白の基調の青いユニットが綺麗なコントラストで清潔感を感じる空間です。

これから看板やいすなど、設備が整ってまいります。

その時には、写真も掲載していきたいと考えております。

芦花公園の地域に愛され、ご年配の方から小さなお子様まで、安心して治療を行えるよう努める所存です。
宜しくお願い致します。

芦花公園駅前歯科

なるべく痛みがない、怖くない

POSTED ON・2019年1月24日 / CATEGORY・BLOG

誰もが痛みは嫌なものです。歯科医院自体を怖いと思っている方も多いと思われます。

現代の治療では痛みを我慢する必要はありません。

痛いときは手をあげて教えてください。麻酔を増やして、なるべく痛みがないようにすることもできます。

また、「怖さはどこにあるのか?」教えてください。怖い部分をしっかり説明したり、慣れるところまで優しく治療を進めて参ります。

予防歯科を中心に長持ちさせる治療を

POSTED ON・2019年1月20日 / CATEGORY・BLOG

当院では「予防歯科を中心に長持ちさせる治療」を目指しています。

皆様はどんな時に歯医者さんに行きますか?「歯が痛い時?」「歯茎が腫れた時?」理由は様々ですが何か異変を感じてから受診しても手遅れの時がございます。

そのために虫歯や歯周病を未然に防いでいくことが重要です。患者さんの一つ一つの歯を細かくチェックし、虫歯はもちろん全体のバランス、噛み合わせ、適合の悪い詰め物、被せ物のチェック、場合によっては歯列矯正から歯並びを綺麗にし、歯ブラシのしやすい環境を作り一生ご自身の歯でお食事できるようにサポートして行きたいと思っております。

歯を治療しに来るだけではなく、ご自身の健康な歯を守るための来院もお待ちしております。