矯正歯科

大人の矯正も子どもの矯正も対応

CHILDREN’S CORRECTION

子供の矯正

子供の矯正

なぜ子どもの矯正が必要か?

お子さんの不正咬合(悪い歯並び)には遺伝的要素も多くありますが、近年は柔らかい食べ物が多くあまり噛まなくなったためにあごが鍛えられず歯並びが悪くなってしまうお子さんも多くなってきています。

また、ほおづえや指しゃぶりなどの悪い習慣により歯並びが悪くなることもあります。
歯並びが悪いままだと歯が磨きにくいので虫歯や歯周病になりやすくなったり、噛み合わせが悪くしっかり噛めなかったりして健康面での問題も生じ、見た目の印象がよくなかったり、コンプレックスになってしまうという精神面での問題が出てくることもあります。

子どもの矯正は永久歯の生え揃う前に永久歯の生えるスペースを作ってあげる予防的な矯正治療となります。同時に歯並びに悪い影響を及ぼす習慣を改善する指導も合わせて行います。

矯正歯科の専門医が診察いたします

矯正の専門医は月に2回の診察となります。お気軽にご予約・ご相談ください。

  • ※相談によっては別の曜日でも可能です。
  • ※無料相談も行なっております。

矯正歯科専門医 藤田 紘一

平成15年3月
東京医科歯科大学歯学部歯学科卒業
平成15年4月~平成19年3月
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 咬合機能矯正学分野 医局員(矯正歯科外来)
平成19年4月~平成22年3月
東京医科歯科大学歯学部附属病院 医員

– 矯正歯科外来 –

平成22年4月~平成23年3月
横浜市立大学附属市民総合医療センター 歯科・口腔外科・矯正歯科 指導診療医
平成23年4月~
現在公立大学法人横浜市立大学 助教(附属市民総合医療センター常勤勤務)
東京医科歯科大学歯学部附属病院 講師(兼任)

早期に治療をはじめるメリット

  • お子様の成長を利用して、無理なく治療ができる
  • 永久歯を抜かずに矯正できる可能性が高くなる
  • 顎の大きさや成長の方向をコントロールできるので、顔貌の改善ができる
  • ワイヤーを付けた矯正(二期治療)の期間が短くなる、又は必要なくなる(その場合一期治療で終了)
  • 矯正後の安定が良い
  • 費用を抑え、短い期間で治療が完了する

矯正を始めるタイミングとは?

治療開始は5~7才ぐらいで

1期治療では混合歯列期/5歳頃~(乳歯と永久歯が混在している時期)から行い、あごの大きさや形、かみ合わせなどを整えていきます。これを床矯正ともいいます。
この時期は成長をコントロールしながら治療できるので(骨格そのものを改善や抜歯の可能性が低くなるため)、負担も少なく2期治療がやりやすくなります(2期治療が必要なくなる場合も)。

1期治療
歯の土台であるあごの形や大きさを改善します。
2期治療
12~13歳くらいに永久歯がすべて生え揃い、永久歯列が完成してから歯並びや噛み合わせを治します。

ADLUT CORRECTION

大人の矯正

大人の矯正

矯正治療は、歯と顎、そして顔全体の調和を、その人にとってのあるべき状態にする治療です。そのため、歯並びだけではなく、顔の骨格や顎の状態なども診査をした上で、患者さん一人一人のお口に関連する機能が最適な状態へと変化していくように治療をすることが基本となります。
現在の歯並びや、かみ合わせに不満やお悩みがあるということでしたら、矯正治療を検討されることをお勧めいたします。今後、何十年という人生を考えられた際に、良い歯並びを手に入れられることはきっと豊かな人生につながることと思います。

矯正歯科の専門医が診察いたします

矯正の専門医は月に2回の診察となります。お気軽にご予約・ご相談ください。

  • ※相談によっては別の曜日でも可能です。
  • ※無料相談も行なっております。

矯正歯科専門医 藤田 紘一

平成15年3月
東京医科歯科大学歯学部歯学科卒業
平成15年4月~平成19年3月
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 咬合機能矯正学分野 医局員(矯正歯科外来)
平成19年4月~平成22年3月
東京医科歯科大学歯学部附属病院 医員

– 矯正歯科外来 –

平成22年4月~平成23年3月
横浜市立大学附属市民総合医療センター 歯科・口腔外科・矯正歯科 指導診療医
平成23年4月~
現在公立大学法人横浜市立大学 助教(附属市民総合医療センター常勤勤務)
東京医科歯科大学歯学部附属病院 講師(兼任)

大人でも矯正治療は可能なの?

矯正治療では、歯の根元にある歯槽骨の代謝を利用して歯を動かします。
骨の代謝は一生涯を通じて行われますので、子どものペースに比べれば比較的遅くはなりますが、大人の矯正治療は十分に可能です。
自分の歯・口・消化器官を使ってものを食べることの重要性は広く知られています。きちんと噛むことは、食物の消化・吸収のみならず、顎や頬の筋肉を適切に使うことや、味や食感を感じ取ることによる脳の活性化や精神の安定にもつながることがわかってきています。

大人の矯正のメリット

歯並び、噛み合わせが良くなると

  • 口臭予防、虫歯予防、歯周病予防
  • 免疫力アップ(口呼吸やイビキの改善のため)
  • 顎関節症の軽減
  • 認知症予防
  • 矯正後の安定が良い
  • 発音が良くなる
  • 笑顔に自信が持てる

矯正の種類

種類 表側矯正 裏側矯正 マウスピース矯正
見た目

透明や白いブラケットなら、目立ちにくくなった。

見えることは少ない。ブラケットは金属製。

透明なので、違和感なく装着していられる。

装着感

頬側に違和感がある。口内炎ができやすくなる人も。

舌に当たり違和感を強く感じる。発音しにくい。

締め付け感はある程度で慣れる。

生活面

食べ物が挟まることや歯みがきをするのが難しい。

表側と同様。だが表面矯正より虫歯リスクは少ない。

脱着可能なので、心配はない。

治療期間

効果が最も早く表れやすい。

効果は比較的表れやすい。

自己管理なので、しっかりと長時間装着していないと効果が表れないことも。

費 用

メタルブラケットならリーズナブル。

上下とも裏側にすると、かなり高額になる。

上下両方だと、裏側に次いで高額になる。

※矯正治療は、自由診療です。効果には個人差があります。
矯正治療は、ワイヤーやメタルブラケット、マウスピース型の矯正装置を使用し、悪い歯ならびや噛み合わせを噛み合うようにし、きれいな歯並びにする歯科治療です。
疼痛や抜歯を伴う際に出血などを生じる場合があります。


PAGETOP
Copyright (C) 2019 RokaPark Dental Clinic All Rights Reserved
24時間ネット予約